脱毛のアフターケアはどうしたらいい?きちんとした対策を知って不安を取り除こう!

「脱毛後のアフターケア!しっかりケアしてますか!?」

脱毛に通っているけど、保湿や日焼けに気をつけないと肌トラブルの元!

「色素沈殿」などのシミの原因にもなってしまいます!

また、肌が弱いから「炎症」が心配、、、。脱毛後のお肌に関する不安はたくさんありますよね。

今回は「脱毛後のアフターケアの効果」を知って、不安を解消していきましょう!

脱毛後のケアって何があるの?そんな脱毛初心者の方に向けて!

「脱毛後のアフターケア」について詳しくお伝えしていきます。

脱毛後は、ちょっとしたひと手間で「脱毛効果がアップ!」「肌トラブルも未然に防ぐ」ことが出来ます!アフターケアについてしっかり学び、つやつや肌をゲットしましょう!

1.脱毛後のアフターケア!

脱毛後のお風呂について

脱毛後のお肌はとってもデリケートな状態です。

脱毛当日は、シャワーがオススメ!お風呂につかるのは止めておきましょう。

また、シャワーの温度もぬるめに設定して、ダメージを負った肌を労わりましょう。

肌がデリケートな状態で、石鹸でゴシゴシ洗うのもNG。

石鹸を泡立てて、泡を滑らせるように優しく・丁寧に洗っていきましょう!

脱毛後の保湿について

脱毛中は保湿がとっても大切です!

脱毛マシンの熱でダメージを受けている肌は、乾燥しがち。

脱毛期間中はしっかり保湿を心がけましょう!

脱毛の当日は、サロンで保湿してくれるサロンが多いので、脱毛の翌日からセルフケアで保湿していきましょう!

有名な「ミュゼ」では、プラセンタエキスを配合したミルクローションで保湿してくれます。エステみたいで気持ちいいですよ。

では保湿クリームの種類は、どんなものが良いのか?高い方が良いのでしょうか?

いいえ、ドラッグストアなどで販売されている物や、普段から使用している保湿クリームでも十分です。

また「保湿クリーム」「保湿ローション」「ボディ化粧水」などたくさんの種類がありますが、決まりはありませんので、肌ざわり・翌日の肌の滑らかさを重視して予算にあった保湿剤をお使いください。

無理して高い保湿剤を使って、続かない。または、もったいなくてたくさん使えない状態よりは自分の予算にあった保湿剤を多く使って方が保湿力も高まります。

それでも何が良いか分からない!と言う場合は「脱毛サロン」で、オリジナルの保湿クリームを販売している所もありますので、気になったら使ってみてくださいね。

また「医療脱毛」は医療用の保湿剤の処方してくれる場合があります!

肌が弱い方は、安心な医療機関で先生に見てもらうのが良いでしょう!

処方してもらった保湿剤は、先生の指示をよく聞いて正しく使いましょう!

日焼けには要注意!

脱毛後のお肌は、デリケートな状態。ただでさえデリケートなお肌に「肌の火傷」と言われる日焼けをしたらどうなるでしょうか?

炎症・乾燥肌などの肌トラブルから「色素沈殿」などの、シミの原因になってしまう事があります!シミは女性の大敵!

せっかく綺麗になる為に、脱毛に通っているのに「色素沈殿」が起こってしまっては元も子もないですよね!

「少しくらい大丈夫でしょ?」と考えている方は、要注意!

脱毛直後のデリケートな肌は、脱毛をしていない時より紫外線に弱いのです。

少しの紫外線でも、いつもより日焼けしてしまう可能性が高まります。

紫外線に当たる時は、日焼け止めを塗ってお出かけして下さいね。

また、施術をした日は、日焼け止めを塗らない方が良いです。

施術後はとってもデリケートな状態なので、何も塗らずにそっとしておきましょう。

施術後は、日焼け止めが必要ない室内にいるようにしましょう。

飲酒・運動なども控えましょう!

脱毛後に血行が良くなるようなことは控えましょう。

肌トラブルの元になってしまいます!

施術した日は、大人しくしている!これも大切なアフターケアです!

せっかくの休日だし、、、と思って、脱毛後にお酒を飲みに行く!は控えましょう。

2.炎症を抑える方法や注意事項

脱毛後のお肌は、脱毛マシンの熱で熱を持っている状態です。

デリケートお肌は、気をつけていても「炎症」を起こしてしまう事があります。

では「炎症」の症状と対処方法を見ていきましょう

脱毛後の肌が熱を持っている状態

肌がほてっている軽い炎症は、冷却してほてり(熱)を取り除きましょう!

タオルを冷たい水(または氷水)につけて、軽く絞り肌の上に広げます。

この時に、タオルでこすったりして肌にダメージを与えないように気をつけてください!

タオルで拭くのではなく「肌の上に広げて置くだけ!」です。タオルがぬるくなったら再度冷たい水につけて冷却を繰り返しましょう。

この方法でも、ほてり(熱)が取れない、または悪化する場合

すぐに施術してもらったお店に電話をすること!

お店に肌の状態を伝え適切な対処方法を教えてもらいましょう。

どんどんひどくなるのに「大丈夫、大丈夫!」と素人が判断しない事!

これが一番大切な事です。

ニキビのような炎症が起きた

ニキビの様に赤く腫れあがってしまう炎症「毛嚢炎(もうのうえん)」

脱毛後のデリケートな毛穴はバリア機能も弱っています!

弱っている毛穴に、黄色ブドウ球菌などの雑菌が入ってしまいニキビのような炎症が起こってしまいます。

対処方法としては、運動や毛穴が開くようなことはせず「清潔に保つ」銭湯・プールなど「雑菌が入りそうな場所に行かない」ことです。

また、毛嚢炎が出来てしまった場合はすぐに施術してくれた場所に連絡しましょう!

「脱毛サロン」の場合、最終的に皮膚科の受診を進められる場合があります。

「医療脱毛」の場合、施術してくれたクリニックで受診でき、お薬も処方してもらえます。医療機関なので肌トラブルが起きた際は安心です。

まず、毛嚢炎が出来てしまった場合は、放置せずに施術先に連絡!

放置して良いことは1つもありません。毛嚢炎が出来た場所の施術が出来なかったり、色素沈殿などの肌トラブル、または、ずっと腫れたまま、、、なんてことに!

毛嚢炎のような炎症が出来た場合は、自分で対処せずに相談しましょう!

医療機関ならではの炎症対処

医療脱毛では、保湿剤や軟膏を処方してくれる場合が多いです。

脱毛した場所は、ほてり・赤み・ヒリヒリ感などが施術後~3日間ほど症状として現れる場合があります。

その症状を和らげるため、保湿剤や軟膏が処方してもらえるので、指示に通り使いましょう。

指示通りに、保湿剤や軟膏を使っていても「炎症」「肌トラブル」が起きてしまった場合は、施術を受けた医療機関に電話しましょう。

肌トラブルが起きても、医療脱毛は医療機関が行っている脱毛のため、速やかに診断してもらえます。

医療機関は、カルテとして全てのデータが保管されるので、一貫性をもって脱毛・肌ケアをしてくれます。

施術してもらってない医療機関(近くに皮膚科)なのでの受診でも大丈夫ですが、今後の脱毛の仕方なども相談できるので、施術してもらった先生を受診するのがオススメです。

3.時間が経って毛が生えてきた場合は?

脱毛は1~3か月の周期で、毛周期に合わせて通います。

「脱毛サロン」でしっかり脱毛しようとした場合は、12~18回ほど通います。

「医療脱毛」の場合は、約5回。多少の個人差はありますが、脱毛期間は長くなるもの。

その間、生えて来た毛の処理はどうしたら良いのでしょうか?

さすがに12~18回の間、生やしっぱなし!という訳にはいきませんよね。

では、具体的な方法を見ていきましょう。

生えて来た毛は剃る!

脱毛の基本!生えて来た毛は剃ること!

電気シェイバー・カミソリなどを使って、毛の成長を阻害せずに処理しましょう!

絶対に毛抜き・ワックスなどで抜いてはいけません!

脱毛マシンの脱毛効果が表れるのは、毛の成長期のみ!

毛抜き等で「成長期」を止めてしまうと、脱毛効果が大幅に失われます。

脱毛期間中に毛抜き等で抜いて処理する行為は、正直に言って「脱毛料金の無駄」になってしまうので、絶対にやらないようにしましょう!

また、毛抜きで処理すると「埋没毛」などの、脱毛しづらい状態になってしまう場合があります。

脱毛期間中は、毛抜きNG!シェーピングのみ!これは必ず覚えておいてくださいね。

では、脱毛処理した毛はどうしたら良いのでしょうか?

脱毛処理した毛は自然に抜ける!

脱毛マシンの光で、毛根に熱ダメージを受けた毛は、何もせずに「自然と抜け落ちます」

ちょっと引っ張ると「スッと抵抗なく抜け落ちる状態」です。この状態の毛は抜いてもらっても大丈夫です。脱毛効果の表れです。

しかし、毛を引っ張って抵抗がある場合は、絶対に抜かないでください。

毛が気になる場合を除いて、自然に抜けるのに任せるのが肌や毛穴にダメージを与えずに済むのでオススメです。

脱毛回数の半分を過ぎてこれば、どんどん毛はほとんど目立たなくなっていきます。

脱毛の期間中でも、シェーピングをしなくても気にならないレベルです。

そこまで脱毛効果が表れた場合は、脱毛効果に任せ「自然に抜ける」状態にしておきましょう。

脱毛回数が最初の方で、まだ毛が気になる場合は先程もお伝えしましたが「シェイバー・カミソリ」などを使って、剃って処理しましょう!

まとめ、脱毛後のアフターケア

脱毛後のデリケートな肌は、丁寧にケアして

ツルツル・すべすべの綺麗な肌を目指しましょう!

1.脱毛後のアフターケア!

  • 施術の日のお風呂は、湯船には浸からず「ぬるめのシャワー」
  • 脱毛後の保湿はとっても大切!
  • 保湿剤は「ドラッグストア」「日ごろから使っている物」
  • 「脱毛サロンで購入」「医療脱毛で処方してもらう」
  • 脱毛後の日焼けは、色素沈殿・その他の「肌トラブルの元!」
  • 紫外線にも弱くなっているので「日焼けしやすい」
  • 脱毛直後は「飲酒・運動なども控えて」大人しくしていよう

2.炎症を抑える方法は?

  • 肌のほてりは「タオルで優しく冷却」
  • 毛嚢炎は、放置しない事!すぐに施術場所に相談
  • 医療機関は薬を処方してくれる

3.時間が経って毛が生えてきた場合は?

  • 基本は自然に抜けるままにしておく
  • 気になる場合は「シェーピング・カミソリ」などで剃る
  • 絶対に「毛抜き・ワックス」などで抜かない事

今回は「脱毛後のアフターケア」をお伝えしました。

しっかりアフターケアする事により「脱毛効果の向上」「肌トラブルの回避」など良い事がたくさんあります。

せっかくお金を払って脱毛しているなら、キレイに脱毛したいですよね!

キレイに脱毛するには、ちょっとしたひと手間「アフターケア」を大切にしてくださいね。