脱毛するときどれくらい痛いの?部位別に不安な痛みの程度を紹介!

「脱毛って実際、どれくらい痛いのだろうか?」

「場所によって違うって言うけど、VIOは痛いの?」

脱毛を受けた事が無い方にとっては、脱毛時の痛みは未知の感覚ですよね。

「痛い!」って言い人も居れば、「痛くない!」って言っている人も居るし、、、。

インターネットで検索しても「痛くない!」や「痛みが出にくいマシン!」って書いてあるけど本当かな?

脱毛を受けたことない方は「分からない事」だらけで、安ですよね!

それでは、今回は脱毛とは切っても切れない関係!

施術時の「痛み」についてお伝えしていきます!

  • なんで痛みが起こるの?
  • どの場所が痛いの?
  • VIOをやりたいけど自信がない!
  • 脱毛サロンの痛みは?
  • 医療サロンの痛みは?
  • 痛みの対処方法は?
  • 麻酔って使えるの?
  • 麻酔なしだと痛いの?

などなど

今回は実際に脱毛を受けた方の、経験談を交えつつお話しさせていただきます。

脱毛の痛み=毛根に脱毛効果が効いている状態です。

そのため、脱毛と痛みは切り離せない関係なのです。

しかし、痛みの対処方法はたくさんあります。また、我慢できないほどの痛みはよっぽどの場合のみです。

正しい情報を学んで、脱毛時の痛みに対する不安を取り除きましょう!

1.各部位の痛みはどれくらい?

脱毛初心者にとって、気になる施術の「痛み」

実際どれくらい痛いか?気になりますよね!

脱毛の痛みは脱毛部分に、よって大きく変わるもの。

また「脱毛サロン」なのか、「医療サロン」なのかで、痛みは大きく違ってきます。

今回は脱毛の「サロン・医療」「部分別」で、痛みについて詳しく見ていきましょう!

まず「脱毛サロン」「医療脱毛」の違いは何でしょうか?なぜ痛みが違うのでしょうか?

「脱毛サロン」「医療脱毛」の痛みの違いは?

痛みの違いは、扱っている「脱毛マシンの強さ」によって生まれます。

「脱毛サロン」は?

「脱毛サロン」は、医療免許などの「特別な免許」が無くても扱えるマシンを使用しています。脱毛サロンで使用しいているマシンでは、毛が生えてくる「毛根」を破壊する事は出来ません。

その為、施術の痛みは少ないです。ちょっとチクッとするレベルです。

慣れてくれば、施術中に眠気が来てウトウトするほど。

「医療脱毛」は?

「医療脱毛」は、医療免許の持っている医療従事者が扱える「強力なマシン」を使用しています。(厚生労働省の決まり)強力なマシンで「毛根」を破壊することが出来ます。

強力なマシンで毛根を破壊する為、痛みは強いです。

※施術による痛みは、場所によって違います。

「脱毛サロン」「医療脱毛」共に、毛根に特殊な光を当てて、毛根にダメージを与え脱毛します。その光の熱ダメージが痛みになります。

脱毛マシンの特殊な光は「黒い物」に反応する仕組です。

そのため、表面の皮膚に光を当てても大丈夫なのです。

という事は、黒い部分が多いほど光の反応が強くなるという事です。

そして、脱毛箇所によって痛みが違う!という現象が起きてきます。

では、具体的に「脱毛の部分別」に痛みを見ていきましょう。

脱毛箇所、人気No.1「ワキ」

脱毛と言えば、もはや定番の「ワキ脱毛」

最近の脱毛サロンでは、ワキの脱毛を格安・または違う場所のサービスとして無料のお店もあるほどです。

皆やっている「ワキ脱毛」、痛くは無いのでしょうか?

施術で使われる特殊な光は「毛が太く・濃い」場所に、強く反応します。

その為、全身脱毛で行われる脱毛で、痛みが強い部分が「ワキ」「VIO]になります。

脱毛の痛みに関しては、個人差があるので「絶対これだ!」とは言い切れませんが「脱毛サロン」では、ちょっとチクッとするレベルです。

それでも最初のうちは、少しびっくりするかもしれません。

ですが、最近では「キッズ脱毛」などが流行りだした事から分かるように「小学生の子供でも我慢できるレベル」の痛みです。

しかし「医療脱毛」は、痛いです。ビックリする痛みです。

医療脱毛は強力なマシンで、短期間に脱毛を終われせることが出来ます。

先程もお伝えしましたが、医療脱毛は強力なマシンで毛根を破壊します。そのため、施術中は焦げ臭し匂いもします。

しかし、泣き叫ぶほどの痛みではありませんので安心してください。

「それでも怖い!」と思う方は、のちほど痛みの解消方法もお伝えしますので安心してくださいね。

人気No.2「腕・足」

皮膚も強く、毛も「ワキ」「VIO」に比べて濃くないので、痛みは少ないカ所です。

「脱毛サロン」で受ける場合、面積も広く施術に時間がかかるので、回数を重ねると、ついつい施術中に眠気に襲われることもあります。

「医療脱毛」の場合でも「ワキ」「VIO」に比べたら、痛みは少ないです。チクッとする痛みです。

しかし、初めて1~2回目は毛がしっかりしている為、多少の痛みを感じる場合があります。3~5回目になってこれば、チクッとした痛みに変わります。

「腕・足」と言っても脱毛では「ひじ下・ひじ上」の様に分ける場合が多いです。

ひじ下の様に毛がしっかりしている所より、ひじ上の様に毛が薄い所は痛みが少ないです。

また、足についても同じで「膝下・膝上」のように分かれていて、痛みも異なる場合が多いです。膝上は普段人に触れられる事が無いので、くすぐったい感覚を感じる方もみえます。

全身脱毛で人気の「背中・お腹」

背中・お腹は毛が薄いことが多いので、痛みは少ない部分です。

しかし、お腹のお肉は皮膚が弱くデリケートなため、少し痛みが出る場合もあります。

「ワキ」「VIO」に比べれば、全く痛くないレベルです。

最近話題の「VIO」

脱毛マシンが反応する「毛が濃く・太い」部分!

そして皮膚が柔らかく・普段触らないデリケートな部分!

「VIO」は、脱毛の中でも「一番痛みが多い脱毛部分」になります。

痛みが少ない「脱毛サロン」の施術でも、痛みを感じます。

「医療脱毛」は、サロンより痛みが強いため、かなりの痛みになります。

しかし、脱毛カ所の面積で言えば「一番小さい」部分。

「痛いなぁ~」と思っているうちに施術が終わってしまいます。

美顔になりたい「顔脱毛」

顔の産毛を無くすくことにより「肌がきれいに見える」「化粧のりが良い」「化粧崩れしなくなる」また、「眉毛の手入れ」などからも解放される「顔脱毛」

あまり、受けている人が少ない顔脱毛ですが「痛み」はあるのでしょうか?

脱毛の施術に使われる特殊な光は「毛が濃い・しっかりした太い毛」に強く反応する仕組みです。そのため、顔脱の施術は痛みが少なしです。

しかし、顔は敏感に反応してしまう部分なので、痛みはゼロではありません。特に鼻下部分は、皮膚を柔らかくデリケート・毛も顔の中では濃い方なので痛みが現れる方もみえます。

脱毛の痛みについて

  • 毛が濃く・太い場所は痛みが出やすい
  • 皮膚が柔らかく・デリケートな場所も痛みが出やすい
  • 毛の量・太さは個人差がある為、脱毛による痛みも個人差が出る

2.実際に脱毛を受けた経験者の声!

「脱毛サロン」で脱毛した経験談

最初は少し痛かったけど、回数を重ねると全然痛みはない!

ちょっとチクッとするだけだった。そんなに痛くない

ワキはチクチクするけど、足はスタッフの方と話してれば気にならなかったです。

友達から「そんなに痛くないから大丈夫だよ!」って聞いたけど、最初はちょっと痛かった。心の中で「痛いじゃん!」って思った。

VIOはどうでしょうか?

他の場所に比べて、断然痛い!早く終われー!といつも思っていた!

Vも痛いけど、Iがやばかった。ズンッ!って感じ?笑

耐えられないわけじゃないけど、つい体が反応してしまい、スタッフのお姉さんと笑いました。

「医療脱毛」で脱毛した経験談

脇を脱毛しましたが、医療脱毛はいたいと聞いていたので、不安でした。受けていれば「こんなもんか~」って感じでした。痛いけどね。

ワキ脱毛しましたが、毛根焼かれてるー!(笑)痛いー!でも、耐えられない事もなかったです。少し痛くても回数が少ない医療脱毛で良かったです。

脱毛サロンに通って、毛が少なくなった状態で医療脱毛に行ったので、痛みは初めての人より少なかったと思いますが、やっぱりサロンに比べると痛いです!

たまに肌荒れするので、医療脱毛を選びました。痛みはありましたが、耐えられない痛みではなかったかな?まぁ痛かったけど、保湿クリームがもらえたのが良かった!

VIOはどうでしょうか?

麻酔なしで受けました。めちゃめちゃ痛い。涙目になった。もう一回やるか悩んでいます。

周りの友人から痛いとは聞いていたので不安でした。やっぱり痛い!でも、VIOは時間が短いから耐えられた。長かったら無理。

では、その痛みはただ耐えるしかないのでしょうか?

痛みの解消方法はあるのか?詳しく見ていきましょう!

3.脱毛の痛みの解消方法は?

「脱毛サロン」「医療脱毛」それぞれの「痛みの解消法」を見ていきましょう

脱毛の痛み解消法は?

「脱毛マシンのレベルを下げる」

「脱毛サロン」「医療脱毛」の両方で行われる、痛みの対処方法。

痛みが強い場合は、スタッフの方に伝えましょう。

伝えると、スタッフの方がマシンの出力レベルを調整してくれます。

脱毛マシンは、出力のレベルを変えることが出来るので遠慮せずに痛いと伝えましょう。

脱毛マシンの出力のレベルを下げることで、痛みも小さくなります。

特に、脱毛を始めたばかりの頃は、慣れもありませんし、毛がしっかりしているため「痛み」が出やすいです。

痛みの軽減は自分でも行えます!

お次は、セルフケアに気を使う事で痛みを軽減する方法!

肌の乾燥に気をつける

肌が乾燥している場合は、痛みが出やすいです。

さらに、脱毛に通っていると施術のダメージで肌が乾燥しがちになります!

そうすると、次回の施術時に痛みが出やすい!しっかり保湿を心がけましょう。

生理の時は要注意

生理の時は肌が敏感になりがち。

特に顔の脱毛の際は注意しましょう!

生理前後は「肌荒れしやすい!」かたは、痛みも起こりやすいので生理日以外に施術の予定を立てましょう!

また、ホルモンバランスが崩れている時も、「肌が敏感になりやすく・痛みが出やすい」ので避けて施術を受けましょう!

日焼けは痛みもUP!

脱毛の最中は「日焼けはNG!」

日焼けにより、肌トラブルが起こる可能性もあるので、日焼け対策は忘れずに!

ここまで、脱毛の痛みの対処方法をお伝えしてきましたが「脱毛サロン」では、耐えられないほどの痛みを感じる事は少ないです。※多少の痛みはあります。

しかし「医療脱毛」は、脱毛マシンが強力のため「痛みが強い!」

ではそんな時は、どんな対処をしてくれるのでしょうか?

医療脱毛だからこその痛みの対処方法を見ていきましょう!

冷却方法

脱毛前・脱毛最中に「冷却」をすることにより、痛みを和らげる方法。

また施術後の痛みも冷却することによって和らげることが出来ます。

実際に「RIZE(リゼ)」で行われている方法です。

麻酔を使う方法

麻酔には、2種類あります。

  • 肌に塗る「麻酔クリーム」
  • ガス状の「笑気麻酔」

時に痛みが出やすい「ワキ」「VIO」に使用することが多いです。

麻酔なしの状態でも施術の最中、痛みに耐えられそうにない時は「麻酔」を使えるので我慢せずにお願いしましょう!

アレルギーなどが無い場合は、どなたでも使用できます。

医療機関のため、安心して麻酔を受けることができます。

麻酔は医療脱毛のみ行われています。

「医療脱毛を希望だけど、痛いのはちっと、、、!」と言う方はお店に、どんな対処方法があるか確認してから通うのもオススメですよ!

まとめ、脱毛の痛みについて

「脱毛の痛みについて」

  • 「脱毛サロン」は痛みが少ない
  • 「医療脱毛」は痛みが大きい
  • 場所によって痛みが違う
  • 毛が濃い・太い場所は痛みが大きい
  • 「ワキ」「VIO」特に痛い
  • 皮膚が柔らかく・デリケートな場所は痛みが出やすい

「脱毛の痛みの解消方法」

  • 脱毛マシンの出力を下げる
  • セルフケア
  • 冷却方法
  • 麻酔を使う方法

「脱毛サロン」で耐えられないほどの痛みを感じる事は、ほぼありません!

また、痛みが強い「医療脱毛」では、麻酔などの対処方法が用意されている所が多いので、痛みにおびえる必要はありません。

脱毛効果が現れてくれば「痛み」なんてどこかに消えてしまいますよ。

安心して脱毛に挑戦してくださいね。